読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌夢>四十を過ぎて魘される。

0052:嫌夢>四十を過ぎて魘される。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 TVねたブログ書きに追われている。もう容量に余裕がほとんど無い。(苦)

                       うな
 昨夜から今朝にかけて悪夢というか実に嫌な夢に魘されていた。パソコンや
TV画面からのブルーライトの浴びすぎなのか、また左目が痛み出す。眼球の
痛みが厄介なのは、寝たからといって必ずしもそれに比例して治るものだとは
限らないからだ。今回はそれを更に実感した。そして目が痛いだからといって
必ずしも人間寝られるわけではないことを・・・


 寝付きが非常に悪かった、というかロクに寝ることができなかった。眼球の
痛みで気分は不快度MAXなのに寝られない。ようやく意識も薄れて寝られた
かと思ったら、1時間ちょいで目が覚める。落ち着かずトイレで小便を足す。
この繰り返し。飲み過ぎたのもあるかもしれないが、まぁ眠れなかった。(苦)

 そしてごく短時間でありながら夢を見た。自分が今最も嫌うような夢だった。
夢というものは目覚めると、再びすぐに寝たとしてもなかなか同じ夢の続きを
見られるものではないと経験上思うのだが、今回に限ってはことごとく2・3・4
と5・6くらいは見たと思う。小便でというよりも魘されて目覚めた感じだ。
そして起きても眼球疲労は抜けきらない。そんな苦しみが20時~翌朝8時頃
まで続いた。


 8時前、もう書き込まないと収録したTV番組が消えてしまう。不快だった
けれども、踏ん張るようにパソコンを再起動。挽き立てのブラックコーヒーを
飲みながら作業を再開した。するとどうだろう。寝不足気味だった偏頭痛も、
さらには左目の眼球疲労も、作業をしている内にスーッとウソのように消えて
しまった。(驚) やはり眼球疲労と睡眠時間は比例しない。ブラックコーヒー
によるカフェイン吸収が特効薬なのだろうか ?? かなり重度のカフェイン中毒
であることは「数日間のコーヒー断ち」の経験から実感しているのだけれど、
それが眼球疲労と関係している !? とにかく不快がスーッと抜けていくという
ちょっと不思議な体験をしたことをここに記しておく。


 嫌な夢の内容とは、、、自分が今最も避けている人間関係・親戚絡みの話。
もう関わりを持ちたくない人々がドンドン登場してきて、また気まずい思いを
夢の中で自分がしていた。それを何度も繰り返し・続けて見てしまう。

 何か関わりのあった人で、大きな変化・虫の知らせでもあるのだろうか ??

 とにかく半日とても苦しんだことを記録として残しておきたい。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋