読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カビ>ていた焼売を生で食べてしまう。(苦)

0053:カビ>ていた焼売を生で食べてしまう。(苦)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 TVねたブログ書きに追われまくってている。もう容量に余裕が無い。(苦)


 眼球疲労&嫌夢のエルム街からなんとか抜け出し、それまでがウソであった
かのようにブログねた=文字起こし作業が快適に進む。8月とは思えないほど
涼しい日であったが、体内の小宇宙(コスモ)を燃やしているかの如く、暑くて
扇風機の微風を回していた。(苦笑) 8時間を掛けてなんとか大作を逃さずに
収録することができた。


 8時間というまともな職業顔負けの労力を費やし(笑)、さすがにお腹の方も
空いたので炊事・米を研ぐ。食事や入浴をしている間が今は休憩時間のようだ。

 18時過ぎ、ホクホク炊けたご飯を器によそい、賞味期限の切れた大きめの
焼売を生食のままパクパクと食べた。2、3個食べて焼売のパックの底が少し
青っぽいことに気づく。?と思い、焼売を裏返してみると、*ガチャピーン!*
カビていた。青カビだ。ウワァ、キンキンに冷えまくった冷蔵庫の中に入れて
あってもカビるんだ。確かに賞味期限から11日過ぎてはいたけれど。(苦笑)

 非常に甘い判断だった。恐らく大きくカビていた“青カビ焼売”を頬張って
しまった。「もう面倒臭ぇこのまま全部食っちゃえ!」と思い、残りの焼売に
箸をかけたが、いい感じでカビが蔓延っている。さすがのオイラでもこれには
参ったでガンス。「フンガ~」という感じでせっせと焼売のカビ取りを済ませ
涙をのんで食べ切った。(悲・貧乏魂)

 こうなると賞味期限が同日である餃子の方も怪しくなる。予定には無かった
餃子も慌てて解放。こちらはどうやらまだカビてはいないようだった。しかし
明日には焼売同様にカビてしまうかもしれないという恐怖心から、餃子の方も
一気に平らげた。


 予想外の満腹感とカビを食してしまうという絶望感からやる気を失い、つい
先程まで寝込むように床に伏した。3時間ほどの睡眠だったが熟睡度は高く、
また濃い人間関係の夢を見る。(今度は疎遠になっている実弟が登場。会話を
交わす。) う~ん、心身共に疲れ切っているのかもしれないなぁ。


 そんな状況であったことを記していく。

 “青カビ”。チーズなどでは立派な食糧としてあるようだけれど、食べても
問題ないですよね? 答えは数日後に出るかと思うが・・・


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋