2013.03 活字競馬 馬に関する本 究極のブックガイド

 

活字競馬 馬に関する本 究極のブックガイド (競馬王新書)

活字競馬 馬に関する本 究極のブックガイド (競馬王新書)

 

文学、ノンフィクション、ミステリー、SF、馬券本等、あらゆる競馬関連作品を読み尽くした書評家北上次郎のライフワークとも言える一冊。「本物の競馬より面白い」を基準に選ばれた作品を、競馬を盲愛する著者独自の切り口で紹介しています。全288ページというボリュームの中に、意外な傑作、名作が目白押し! あなたが求めていた本にきっと出会えるはずです。
巻末対談「活字競馬 究極の五冊を決める! 」では、作家・高橋源一郎氏をゲストに迎え、それぞれのお薦め五作品について熱く語ってもらっています。

◆著者プロフィール 1946年東京生まれ、明治大学卒。1976年椎名誠本の雑誌を創刊、2000年12月まで発行人をつとめる(本名の目黒考二で)。競馬週刊誌「ギャロップ」の創刊号から「馬券の真実」を連載(これは藤代三郎名義)。『冒険小説論』(北上次郎名義)で日本推理作家協会評論賞を受賞。

┣■う~ん、素人向けじゃないッス。また私のように競馬をそれなりに知っている・触れた者でも「ちょっと辛い」紹介かなと正直思いました。「ぽんこつ」とまでは言わないけれど。(爆) 『本』ってモロに「個人的趣味」が入りますからね。そういう面でももう少し紹介の仕方を万人向けにしても良かったかなと。。。

┗■最後に作者が絶賛する高橋源一郎氏との対談が掲載されています。確かに『競馬漂流』は面白かったですけどね。同氏の悪い女癖が生じて一時「私生活が漂流」してましたけど。(苦笑) 最近は娘もNHKに出演していますが、才能的にはNHKも認めざるを得ない人物なんだよね、確かに語り口は面白いし。あの空白期間はどうされていたのか聞いて欲しかったなぁ。(^^ゞ

競馬漂流記

競馬漂流記

 

 

f:id:jnsk_jojo:20150830164049j:plain

f:id:jnsk_jojo:20150830164059j:plain

f:id:jnsk_jojo:20150830164108j:plain