読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまレター 2016年02月号 Vol.104

うまレター 馬産地

馬産地から季節の便り うまレター WEB版

「うまレター」は、競馬および馬の魅力を継続的に伝えていくためのフリーマガジンです。馬産地北海道から毎月1回、旬な話題や懐かしい過去の名シーン、美しい馬産地の風景などを交え、情報満載でお届けしています。全国の競馬場、場外馬券場、乗馬クラブなどを中心に配布していますので、ぜひご覧ください。

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣■貰っていたのだけれど全然読んでいる余裕無く、4月を過ぎてようやくパラパラとチェックしました。ウ~ン、なんだか早くもめぼしくなくなってきた感が・・・ 

┣■『第19回フェブラリーS』がプレイバックされています。芝/ダート兼用馬のアグネスデジタルが快勝!一言「強い」競馬を魅せたレースですね。2着には南関東・初代三冠馬トーシンブリザードが入ります。三冠達成の時は雨降る中、大井競馬場に行きましてね、パドックでビデオカメラを回していた覚えがあります。(この時は回していなかったかな ?? とにかく強い雨振りでした。) 筋肉ムキムキの馬でしてね、サウスヴィグラスとはまた違った細身のタイプで、それは惚れ惚れしたものです。(笑) 地方競馬ではなかなかお目にかかれない体質かと? この時が同馬にとってピークだったのかもしれませんね。アグネスデジタルとは引退後、馬産地で再会します。種付け直前で入り口前からビンビンに勃ってました。(笑)

┣■スクリーンヒーローはちょうど競馬熱が薄れかけてきた頃ですね。あいやーもう8年近くも経とうとしているのか !?  一口馬主で払い続けていて気付かなかった。(汗) 父のグラスワンダーは同じ栗毛の後継馬は残せませんでしたね。毛色から人気だった面もあったようだけれど。性格は非常に物怖じしない・微動だにしない馬みたいですよ。

┗■【三条競馬場】が語られています。益田・中津と私がついに行けなかった競馬場の一つです。上越新幹線から辛うじて見ることができたんですよね、確か。帰省の際に立ち寄ろうと思えば出来たんだけど、ついに行けなかった。ちょっと悔やまれます。廃止後まもなくは場外馬券場として残され、当時は蛯名正義騎手の家族が訪れて馬券を買っていたという話を読んだ覚えがあるけど。石森かずえ・奥様はあー見えて結構馬券を買うらしいです。(苦笑)

f:id:jnsk_jojo:20160228093516j:plain

f:id:jnsk_jojo:20160228093526j:plain