メカニズムから理解する馬の動き パフォーマンス向上のためのビジュアルガイド

 

メカニズムから理解する馬の動き パフォーマンス向上のためのビジュアルガイド

メカニズムから理解する馬の動き パフォーマンス向上のためのビジュアルガイド

 

┣■数ある馬の生態本を手にしてきましたが、「動き」「体内構造:骨格・筋肉」に関して、これほどリアルなビジュアル表示をしたものはなかったかと思います。だって表紙にあるように実際に馬の肌に体内組織を描き込んで・運動をさせているんだもの。「これは実にいいな」と感心しました。『人体模型』もリアル版で男女ともに出せば良いのにね?(苦笑)(^^ゞ 興奮させると伸び具合も分かるとか。(爆)(笑)

┣■ただ残念なのは大型ハードカバー本にも関わらず、訂正箇所が多いこと。期待して初版を買われた方はガッカリされたことと思います。訳書とは言え、この訂正箇所の多さは戴けません。馬/医学の用語がよく分からない者が訳したのでしょうね。*愚か者め!*

┣■私は「馬の解体新書」というべき獣医が持つような専門書も持参していたりするのですが、理由は「競走馬の動き」をより知りたかったがため。まぁ競馬にドップリ嵌まった者が辿り着くマニアってわけです。(笑) その手の医学・生態関係本を買い漁った私から見ても本書は画期的であり、理解しやすいと思います。ある意味「馬肉好き」の方も知っておいて欲しいような部位の説明です。。。

馬の解剖アトラス

馬の解剖アトラス

 

┗■一口馬主・共有クラブ会員にもなると出資する「馬選び」を行うわけですが、よく「脚・飛節が曲がっている」とか「お尻・トモの肉付きが物足りない」とか聞かれる・言うと思います。なんのこっちゃ?と思われた初心者の方には是非とも手にとって欲しい1冊です。ちょっとお高いですけど競走馬への一口出資額と比べれば安いモノでしょう。クラブの月会費みたいなものだし。障害競技などを観覧される方なども馬の飛越・着地をより理解するには恰好の書物だと思います。それだけに「訂正箇所の多さ」に腹が立つわけです。(怒) ハイ。気になった方は大型書店で見開いてみて下さい。いいよ!

f:id:jnsk_jojo:20160508095738j:plain