読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまレター 2016年12月号 Vol.114

馬産地から季節の便り うまレター WEB版

「うまレター」は、競馬および馬の魅力を継続的に伝えていくためのフリーマガジンです。馬産地北海道から毎月1回、旬な話題や懐かしい過去の名シーン、美しい馬産地の風景などを交え、情報満載でお届けしています。全国の競馬場、場外馬券場、乗馬クラブなどを中心に配布していますので、ぜひご覧ください。

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

┣■*無念*、先月号2016年11月号はGETできませんでした。昨日【東京競馬場】を訪れ、インフォーメーションを真ん中から両端まで回って「先月分まだ置いてありませんか?」と訊ねたのですが、ことごとく「お取り置きはしておりません。<(_ _)>」とつれない返事。(悲) 前は脇に積み重ねられたダンボール箱の方まで確認してくれたのですが、今回は確認もせず即答でした。まだ3日しか過ぎていないから今回も残っているかと思ったんだけれど・・・ ガールの質の差ですかね?(苦笑) 途切れちまったか。まっここ最近【競馬界】の陰口ばかり叩いていたので自業自得なのかもしれません。*残念*

┣■目次にあるポエム?で「人と人とが心の深いところでつながれば、」と綴られておりますけれど、今それが一番希薄になっているのが【競馬界】ではないかと危惧する次第。鞍上は簡単に「外国人ジョッキー」へと乗り換えられちゃっていますしね。一昔前までは「ガンバレ日本人ジョッキー」ってな雰囲気も感じられましたけれど、流暢な日本語を駆使する外国人ジョッキーを微笑ましく思えるようになったのか、一段と「能力至上主義」が蔓延るようになった気がします。「人馬一体」なんて台詞は蛯名正義のギッタンバッタン騎乗が好まれているようなので、もはや死語なのかもしれませんね。(苦笑) 皐月賞ディーマジェスティは預託馬の仔だったんだ。またイシノサンデー同様に「そこまで」の器なのかもしれません。(爆)

┣■Play Back『有馬記念』は「第32回」優勝馬メジロデュレンというか、→サクラスターオーの悲劇&メリーナイスの喜劇(落馬)ですか。この根本ジョッキー(現調教師)のせいで競馬から足を洗ったファンは実際多いと言われています。私の上司もその1人でした。(笑) 私はまだ高校生、一番心が荒んでいた時期ですね。(^^ゞ 当時は世の中、労働環境以外は平和が続くものだと日本人の誰もが信じておりました。ホント*2。

┗■今月号はこのくらいかなぁ。高知競馬の話で2009年当時の福永と川田が茶髪だった写真が掲載されているくらいで。(笑) 石橋守も茶髪だなぁ。。。種牡馬紹介は全く馴染みがない馬たちでした。(悲) 年末プレゼントも今ひとつ。巷で言われる『競馬ブーム』到来って本物なの !? 

f:id:jnsk_jojo:20161205210719j:plain

f:id:jnsk_jojo:20161204221527j:plain