規制>既に【競馬場】への「入場拒否」が行われている !?

 こんばん〇 !! 白狸です。(早く慣れなきゃね、この名前。(^_^;))

 外付けHDへの「データ保存」の間、時間が空きましたので本日気になったことを簡単に記しておきます。

 

www3.nhk.or.jp

 今朝の『Jアラート』北朝鮮ミサイル発射・緊急速報も海面着弾後に知った次第ですが(笑:国民は何の準備もしてなくていいのでしょうか?)、今度は夕方に『ラジオ:デイキャッチ』で上記ニュースを知った次第です。その中で「既に【公営競技】では家族からの依頼があれば、父ちゃん・息子を入場拒否できる・している」と言うのです。(゜ロ゜) 実際どのように行われているか、主催者側はハッキリと回答していないとのことでしたが、恐らくは職員・警備員に手配書が配布されており、見つけ次第“引っ張り出す”のだろうということでした。随分とアナログチックな対応ですが、へぇ~と思ったので書き記しておきたいと思います。

biz-journal.jp

 これまでほとんど無視・無策だった『ギャンブル依存症対策』をここまであからさまに始めたのは、IR・カジノ施設建設のため「このように対策済みです」と説明したいが為だと皆邪推してましたね。全くもってその通りだと私も思いました。
 私個人的には【大阪】と【横浜】に多種多様な輩共がごちゃつこうが一向に構わないのですが(笑)、「入場規制」の他に「還元率 ↓ 」がやはり気になりますね。【公営競技】に関しては既に低すぎるので「1日購入限度枠」が『ネット投票』を中心に取り入れられるようです(2022年までには-と言ってましたね)。純粋に“的中率を競う”という意味ではこれは良い取り組みだとも言えそうです。

 『ギャンブル』は競技者と闘っているのではありません。賭博者同士が「相手の懐:金銭」を奪い合っているのです。胴元・主催者(バッグに官庁・独立法人群)は無条件に「所場代:控除率」を持っていきます。(苦笑) 掛け金の上限が設けられてしまえば「参加者」を増やさなければ売り上げは伸びませんので、よりサービスが期待できるでしょう。サービス合戦に敗れた競技は退場して頂く。その退場者は意外と【IR】になるやもしれませんよ。(^o^) センスなさそうだもん。【東京競馬場】など見てごらんよ。(爆)

 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 馬券購入を再開する前にちょうど良かったかなと思いましたね。今や【競馬】以外にもやりたい・調べたいことが出来ましたので、取っ掛かり放しにはなりたくなかったんですよねぇ。効率よく・軽くサクッと購入できる、そんな新たな予想法を導き出したいところです。(^o^)


 かつては全レースをチェックしておりました。膨大な作業量です。私はそれほど賢くないので「競馬>仕事」体勢に自然となりました。徐々に【競馬の世界】を知るにつれ、その“傍若無人”な振る舞いも目の当たりにします。そして職場の知人に「競馬を楽しく伝えられなくなった」のを境にして、ピタッと嘘のように競馬から足を洗うことができました。私にとっての『ギャンブル依存症対策』は「人様に迷惑を掛ける・満足させられない」ことだったのです。

 羽田孜 元総理が“老衰”で82歳で亡くなりました。「82」です。私自身で逆算すれば「残り30」ちょいしか年を越せないことになります。そう考えると結構焦りがありますね。(^o^;) お腹も頭髪もだいぶ弱くなったし。。。

www.huffingtonpost.jp

 

 新たな競馬の楽しみ方「予想」「知識」の整理整頓。これが目標となりそうです。

 

 しっかしこれまでの「保存データ」が多すぎますね。これ紹介しきれるのでしょうか?(苦笑) 動画も出来ればお見せしたいんですけどねぇ。