1999.12 Thoroughbred Champions: Top 100 Racehorses of the 20th Century

※書籍部屋 f:id:jnsk_jojo:20170904223051j:plain

 

Thoroughbred Champions: Top 100 Racehorses of the 20th Century

Thoroughbred Champions: Top 100 Racehorses of the 20th Century

 

 Man o' War. Secretariat. Citation. Ruffian. Seattle Slew. The names are revered in the sport of horse racing. These and many other Thoroughbreds have inspired fierce devotion and loyalty from racing enthusiasts through the years. Now, racing fans can revel in the racetrack triumphs of their equine heroes. In Thoroughbred Champions: Top 100 Racehorses of the 20th Century, the stories of these great four-legged athletes are told by the Turf writers and correspondents of The Blood-Horse, the leading weekly Thoroughbred racing magazine. Thoroughbred Champions follows The Blood-Horse's Top 100 list as selected by an esteemed panel of experts, starting with Man o' War in the No. 1 spot to Blue Larkspur at No. 100. Each horse on the list has left a mark on the history of Thoroughbred racing, making the sport that much richer. Whether the reader is revisiting an old favorite, learning about a horse from yesteryear, or discovering something new about a modern-day champion, Thoroughbred Champions pays homage to the grand heritage of the Thoroughbred racehorse and the sport of racing. 

20世紀のアメリカ名馬100選 - Wikipedia

20世紀のアメリカ名馬100選(にじっせいきのアメリカめいばひゃくせん、英題:Blood-Horse magazine List of the Top 100 U.S. Racehorses of the 20th Century)は、1999年アメリカ合衆国の競馬情報誌『ブラッド・ホース』の編集部によって選定された、20世紀アメリカ合衆国の競馬を代表する競走馬100頭を第1位から第100位まで順位付けしたもの。

選定された100頭の競走成績、および各馬に関する逸話を伝記形式で綴られており、『ブラッド・ホース』誌上での連載後にエクリプス・プレスより単行本として出版されている。日本では2000年から2002年にかけて、『週刊Gallop』(産経新聞社)誌上において和訳版が「20世紀のアメリカ名馬100選」のタイトルで連載されていた。

選考の基準はブラッド・ホースの編集者らの所見であるため、この順位付けに異論が唱えられることも決して少なくないが[要出典]、一般的には各馬に対する一定の価値ある評価として受け止められている。

┣■当時【週刊Gallop】を創刊号から購読誌続けていた私は本書の和訳版として毎週掲載されていた『20世紀のアメリカ名馬100選』を全話保存しております。(^_^) 確かこの後もう1組・和訳されたものが連載されていましたね。あの頃は偏屈な【週刊競馬ブック】(大笑)よりも読み物は充実していたと思います。

┗■その元本ということで【ヤフオク】にて落札したのですが、改めて日本の編集技術の高さを知りました。元はすっごい簡略されたものでした。これじゃ日本の読者は買わないと思います。ビジュアルそして捕捉データも加味された日本の書籍は世界に誇れるものだと私は思います。本や新聞を全く読まない・目を通さない貴方、“人生損している”ことは間違いありません!

f:id:jnsk_jojo:20170904223450j:plain