1995.11 日本軽種馬協会 -40年史- 強い馬づくりへの道

※書籍部屋

f:id:jnsk_jojo:20170905001402j:plain

minomushiya.com

「グラビア」
「総説(協会設立から30年のあゆみ・強い馬づくり10年間の流れ)」
「生産振興対策(国際化の流れのなかで・軽種馬改良促進対策・軽種馬経営改善の促進・競馬施行面等での対策・競馬畜産振興について)」
「資料編」年表」
「参考資料」
185頁

┣■目次を見ても判るように如何にも【法人】が発行する形式で淡々と綴られております。この後に発行される当事者の座談会の方が私個人的には面白かったです。(^o^)

┣■『馬産振興』など他の家畜と同じで下手に管理し過ぎているんですよね。高額な種馬を輸入し・安価過ぎる種付け料で提供することが果たして良かったのかは大いに疑問。「高かろう・走るだろう」的な安易な考えをしてしまい、結局消費者である馬主に良い馬を提供できたかは「できなかった」割合の方が多いはず。世の中“ただ与えられた”だけでは進歩していかないんですよ。「輸入規制の緩和」「助成金の厳密な管理」を進めていた方が【馬産地】にとっては良かったと私は思いますね。
┗■「育成」の重要性に気付いた頃には既に大手民間によって優秀な人材を根こそぎ採られてしまってたしね。街中に近い所で先に繁栄されてしまったら、もう外れは過疎化していくしかありません。米ケンタッキー州に近い土壌の牧場だと言われていた【広尾・大樹ファーム】も結局は廃業してしまいました・・・ 。(悲)

f:id:jnsk_jojo:20170905001431j:plain

f:id:jnsk_jojo:20170905001444j:plain