終戦>『この世界の片隅に』を見終えて・・・

 こんばん〇 !! 人体重-18Kです。今朝も曇り・小雨が降っているのでしょうか? この8月に入り、東京都内でまともに晴れた日はまだ1日だけのような気がします。
 昨日は雨が上がったと思って窓を開けたらば・朝の9時前には雨が降り出してすぐに閉じる始末。長らくよどんだ室内の中で「録り溜めたTV番組をひたすらDVDへと焼いて保存」しておりました。
 少し仮眠した後、日が暮れて「ゴミ捨て」「シャワー」を浴び、「書籍データ」を片付けながらまた「DVDへと焼いて」・・・ 。作業がひと息ついたところで照明の明かりを消して洋室に移動。大きなノートパソコンを起動させ、延び延びになっていた話題の映画『この世界の片隅に』の配信を今見終えたところです。

gyao.yahoo.co.jp ※画面は17インチほどですが、デスクに座っての鑑賞で十分迫力がありました。

 

 世評通りの良い作品だったと思います。私は作者・こうの史代 女史の作品を幾つか見知っておりましたので、出だしからいつもの作風であることを確信しました。この人の作品は“情報の引き出し”を持っている人ほど“深み”に嵌まってしまう、非常に考えさせられるものです。若い人も大勢感銘を受けているようですが、戦争の語り部・書籍などをより見知っていると、また違った感情が芽生えるはずです。【日本】は戦後にまた大きな震災を経験し「絆」という文字をやたらと打ち立ててはおりますが、この作品がもっと前から「広聞」(洽聞)されておれば・その後の「醜聞」なども聞かずに済んだろうにと思わざるを得ません。そんなことをふと考えさせられましたね・・・ 。

 

 経済的豊かさの影に生まれたものと言えば、『核家族』『片親世帯(離婚)』『単身世帯』。そして今『介護』『孤独死』等の“皮肉な”社会問題に直面しています。「助け・施し」が後に「恩」となって返ってくる。そんな当たり前だった生活観を見失ってしまった・この現代社会が情けなくなってしまいました。

 

 「身銭」惜しさに・やみくもに安く買い叩く「値引き」行為が『デフレ』を生んで『所得格差』を広げてしまいました。この【資本主義社会】は“富める・紙幣がある”者ほど有利に働きます。後発組の【新興国】もその大きな勢力図に呑み込まれ・従順しようとはしましたが、その理不尽さに気付いたが為に世界のあちらこちらで「紛争」が起こっているように私の目には映ります。「紙幣」「仮想通貨」など【大戦】となれば“紙くず・無と帰する”のにね。 皆さん*備蓄*は出来ておりますか ?? 

 

  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
 うーん、ここ【はてな】へ問い合わせたメールの返信がまだ来ておりません。「お盆休み」なのでしょうか? 365日24時間体制である【ネット運営会社】でも?(苦笑)

 

 14GBを超える「書籍データ」の整理を急ぎ片付けながら、この「知り得た情報」をブログに書き綴っていきたいと思います。

 

 しかし本当に“曇り空”ばかりですね。世評を反映させすぎですよ、お天道様。(^_^;)